使用ずみの自動車の引き上げは分割金完済前であっても良いの?見てみましょう

使った自動車の買取ショップに品評を頼んだものの、分割金を払いきっていないなどのこともあるはずです。そんなケースでは、その買取りしてほしいu-carのオーナーが自分なのか誰かほかの人なのかどうかについて第一にチェックすることが必要です。

ホントのところ、名義はどの辺を確認したら良いのかというと、自動車検査証に書き込まれているお名前の人がクルマの名義の方という訳です。

マイカーを買ったタイミングで銀行系の自動車ローンを設定した場合は、こちらの「自動車検査証」に書かれている名前が自分自身のお名前となってるはずですが、ローンを組んだのがクレジット会社である時には氏名が信販会社の記載になっている訳です。信販会社でローンを組む場合にどうしてこんな形でその会社をオーナーとして記載するのかというと、その答えとしては月賦が滞ったりしたら、スグにそのお車を差し押さえして確保するためです。

こうしたわけで所有権が信販会社にある時にはその自動車を自分の都合で売却は不可能です。どうしても売り払いたいならとりあえずローンをキレイに終わらせるか、月賦の組み換えによって持ち主をご自身に変更した後で手放すことが求められます。しかし、実際そういったことができるのはその時点で持っているお金がいっぱいあるケースになってしまいます。だとしたら現金がない場合はどうすることが望ましいでしょう。

そういった時には審査額を行って頂いた中古車買取ショップにわけを話せば、u-carの買値から残った返済分をまかない、名義を自分自身の姓名に直して頂くことができるという訳です。手続きの方も全部お店の方にオマカセできますから大丈夫です。