使用した車を売りはらうさいの手順についてですが、こちらのページでじっくり確認していきましょう

ユーズドカーを売り渡す際の方法といえば下取、そして買取の2つが存在します。下取りの場合は新しい自分の車のを買うと一緒に古いクルマを買受していただくというものです。たいがい新車の販売店が買取をおこなうのでプライスのほうは割と低目になりがちです。

一方で買取りのほうは愛車買取専門店が行っているもので、古い車として販売する事を前提として買取価格を決定するため、意外に高プライスの買い取りが望めます。いずれにしろ使用していた自動車を買取してもらうことであり、引き取ってもらう前に買取り金額を決定するための格付けがされるわけです。

品評を行うさいに気になるのはリサイクル料です。ユースドカー審査額で出される値段としてはその自家用車それ自体の金額、自家用車に附随する自賠責保険とかリサイクル料などを含めた額の二種類が有ります。「リサイクル料」はその使用済みの車を購入した際、もしくはリサイクル料が未納だった場合には車検の場合支払いとなりますので、この先使用した車を廃車にして処分する時必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等リサイクルする為のコストという名目で使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、解体処分する時自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

その際の料金は、軽であれば8千円程、普通車で約1万円、外車等で15000円位、それとは別に20000円ほどを入れる必要が御座います。大半の使用していた車買取の場合、そういった「リサイクル料」をマイカーの買上値段とは別ということで引受けされるというような事となるワケですが、リサイクル料金を含んで買い取り値段としている場合もあり、引き取りを頼む際にまえもって確認しておくことが大切なこととなります。