使用した自動車を処分するさいの段取りにかかわることを、ここで可能な限り把握していきましょう

中古車を売却するときの手段というと下取りと買取りのどちらかがあります。下取りの場合は新しい中古車を入手する時にこれまで乗っていたお車を買い受けしてもらうというものです。大抵新車販売店が引き受けをおこないますのでプライスのほうはどちらかというと低価格に見られがちです。

一方で買取りのほうは中古車買取専門店がするもので、不要車という名目で店頭に並べることを予定に引き取りの金額を決定するので、どっちかといえば高目の引き受けが望めるでしょう。何れにしろクルマを売る事であり、引き取ってもらう前に買取り価格を決めるための品評が行なわれるわけです。

品定めを行う際に気に掛かるのがリサイクル料になります。中古自動車の値踏みで出してもらう金額としてはその所有車それ自体の値段、車に付いてくるリサイクル料や自賠責保険等を含んだ値段の2つの種類が有ります。リサイクル料はその使った自動車を入手したさい、もしくはリサイクル料が未払いのケースでは車検を通した時支払いとなるもので、先々使用ずみの自動車を廃車として壊してしまう場合必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などなどリサイクルする時の料金ということで使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、処分する時自動車リサイクルシステムから支払されるということになります。

その時の料金は大体、軽で8000円くらい、普通車だと10000円くらい、外車の場合15000円位、それ以外で20000円程を納める必要性がございます。大体のユーズドカー買受けだと、これらのリサイクル料金を使用していた車の引き受けプライスとは他として買い取りされるというような事となる訳ですが、リサイクルの代金を含んで引受け金額となっているケースも有り、買い取りをお願いするさいには先にチェックしておくことが大切なこととなります。