使った自動車を売り渡すときの方法の事を、この辺でじっくりと確認していきましょう

使用した自動車を売却するときの手順には買取、そして下取が御座います。下取のケースは次のお車を手に入れると一緒に今までお乗りのクルマを買受して頂くというものです。大概新車の販売店が買い取りをおこなうので価格はどっちかというと低価格に見られるケースが多いです。

一方で買い取りのほうは自動車買取専業店が行っており、お車という名目で店頭に出すことを予定して買上げの値段を決定するので、意外と高値での引き取りが期待できるでしょう。どちらにしても中古の車を引き受けてもらうことであり、、売却をする前に買受プライスを決めるための審査額がされるわけです。

見積りをして頂く時気になるのがリサイクル料となります。u-car評価で出される価格というのは中古車そのもののプライス、クルマについてくる自賠責保険とかリサイクル料などをいれたお値段の二つの種類が存在します。リサイクル料はその中古車をゲットした時、若しくはリサイクル料が未払いのケースでは車検を受けた場合支払われるもので、先々使用ずみの車を廃車として壊してしまう際に必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルするための料金という名目で使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、処分する際に自動車リサイクルシステムから払われることになります。

その際の代金はだいたい、軽自動車なら8000円位、普通車だと10000円ほど、輸入車の場合1万5千円程、そのほかで2万円くらいを納める必要性があったりもします。たいていの不要車買取ですと、そうした「リサイクル料」を使った車の引き取り価格とは別ということで引き受けされるというようなことになるのですが、リサイクル料金を入れて引き受けプライスだというケースもあり、引受けを希望する場合は確認しておくことが大切です。